孤独を感じる理由とは

通信制大学は、自学自習が基本です。1人で勉強した方が静かで進みやすいという人もいますが、スムーズにいかない時もあります。例えば難しい課題に直面したり、勉強のモチベーションが下がった時です。いずれも相談できる相手がいれば、課題はすぐに解決できてモチベーションを維持することもできます。しかし1人だと時間がかかってしまい、孤独を感じるだけではなくスランプに陥ることもあるのです。一方、スクーリングに出席しても孤独を感じる人は少なくありません。

通信制大学のスクーリングは数日間のみで、淡々と学習が進められます。中には他の受講生と交流を設ける科目もありますが、時間が限られているため、必ずしも親交を深められるとは限りません。

孤独を感じないための工夫

孤独を感じないためには、積極的に行動することが大切です。スクーリングに出席した際、他の受講生に話し掛けてみましょう。手当り次第に話し掛けるのではなく、気が合いそうな人を探すことがポイントです。自分と似た境遇の人と仲良くなれば、いざという時にすぐ相談しやすいためです。連絡先を交換しておけば、スクーリングに出席できない時もコミュニケーションをとれます。このように、日頃の学習の不安や悩みなどを共有できるため、学友作りは大切です。

一方、スクーリングに出席せず単位を取る場合、学友を作るのは困難です。この場合、孤独を紛らわせるためには趣味に没頭してみましょう。1人で根詰めて勉強していると、ふとした瞬間に虚しさを感じやすくなります。一旦勉強から離れて好きなことをすれば、気分転換になってモチベーションも保たれます。

国語の教員免許を通信教育で取れる大学では、社会人のために仕事に合わせて実習の日程を考慮してくれるところや、オンライン上で必修科目や選択科目の講義を受けられるところが多くあります。